2017/04/25

井手健介と母船、2015年発表のファースト・アルバム、待望のアナログ・レコード化決定!

2015年に発表したファースト・アルバム『井手健介と母船』が、
アナログ・レコードとして発売される事になりました。
CDとはマスタリング違い、一部曲順も変わります。
すでにお聴きになった方も、未聴の方も、お楽しみいただけたら幸いです。
あらためて、このアルバムに携わっていただいた皆さま、ありがとうございました!

以下 P-vine records newsより
《作品情報》
アーティスト:井手健介と母船
タイトル:井手健介と母船
品番:PLP-6890
フォーマット:LP
価格:定価:¥3,000+税
発売日:(2017年7月19日)
※完全初回限定生産
ただいま、海外レコードプレス工場の都合により製作に遅れが生じています。
発売は9月ころになる予定です。
正式な日程が決まり次第お伝えします。

収録曲:
SIDE A
1. 青い山賊
2. 帽子をさらった風
3. 幽霊の集会
4. 雨ばかりの街
5. あの日に帰るよう
SIDE B
1. ロシアの兵隊さん
2. 誰でもよかった
3. ふたりの海
4. 魔法がとけたら

井手健介と母船、2015年発表のファースト・アルバム『井手健介と母船』。
長く映画界に携わってきた井手健介ならではの映像喚起力に満ちた楽曲と、瑞々しい詩情とユーモアを湛えた歌詞世界。墓場戯太郎、山本達久、清岡秀哉の当時のレギュラー・メンバーに加え、石橋英子、須藤俊明、柴田聡子らのゲストが織り成す幽玄かつ躍動感あふれる演奏。そして、陽光差し込む水の中をたゆたうような井手健介自身の歌声…。
末永く語り継がれていくであろう、2015年を代表する一枚と言っても過言ではない傑作をアナログ・レコード化。

パーソネル:
井手健介(ヴォーカル/クラシック・ギター/エレクトリック・ギター)、山本達久(ドラムス/パーカッション)、石橋英子(ピアノ/フルート/キーボード/パーカッション)、須藤俊明(ベース)、柴田聡子(コーラス)、墓場戯太郎(ベース)、清岡秀哉(スティール・ギター/エレクトリック・ギター)、羽賀和貴(エレクトリック・ギター/アコースティック・ギター)、安住希美(ボンゴ)

作詞・作曲:井手健介
録音・ミックス:須藤俊明
マスタリング:中村宗一郎

写真:キッチンミノル
デザイン:清岡秀哉